テレワークの問題解決・リモート営業ならマックスストーン

ブログ

ネットワークのお話、その3:OSIの話<これって何?必要性は?

マックスストーンの小畑です。
総務経理担当&テクニカルサポートをやっています。

今回からは、ネットワークの技術っぽい話をしたいと思います。

OSIって聞いたことがありますか?
ネットワークの基本的な規格?なのですが、その道の人でないと聞いたことが無いと思います。
OSIとはOpen Systems Interconnection(開放型システム間相互接続)の事です。
コンピュータネットワークを勉強したい方(特に情報処理技術者試験を受験予定の方)には必須の知識です。
何故これが必要なのかと言うと・・・(必要性)
各国の基準がばらばらだと通信が出来ません。
それを共通的な規約として定めたものになります。特に通信装置。
1977年から1984年にかけて定義されている。

デファクトスタンダードのTCP/IPとは定義が異なっています。
TCP/IPについては、後日説明します。

■バックナンバー
その1:私が電電公社に入社したころ
その2:私が電電公社に入社したころ

OSIの階層

OSIの階層には下記の7階層があります。
各層ごとに定義があり。その定義をつかって、通信装置(あるいはソフト)同士で問題なく繋いで通信が出来るようにしています。

名称 規格(プロトコル) 概要 利用例
7層 アプリケーション層 HTTP,FTP,DNS,SMTP,POPなど 個々のアプリケーション www,メール
6層 プレゼンテーション層 SMTP,FTP,Telnetなど データの表現形式 HTML
5層 セッション層 TLS,NetBIOSなど 通信手段 HTTPS
4層 トランスポート層 TCP,UDP,NetWare/IPなど エンド間の通信制御 TCP,UDP
3層 ネットワーク層 IP,ARP,RARP,ICMPなど データを送る相手を決め
最適な経路で送信
IP
2層 データリンク層 PPP,Ethernetなど 隣接する機器同士の通信を実現 Ethernet
1層 物理層 RS-232,UTP,無線 物理的な接続、電気信号 UTPケーブル,光ファイバーケーブル

出典:https://xtech.nikkei.com/it/pc/article/NPC/20070130/260086/

OSI参照モデルの図解

OSI参照モデルは各層に応じてカバーしている領域に分けられます。
言葉としてよく使われているのは、関連装置に書いているL2スイッチ、L3スイッチです。
最近注目されているファイアウォールとしてのWAF(Web Application Firewall)ですが、7層(L7)に位置づけされています。

OSI参照モデルの各階層の名称や役割について

OSI参照モデルの各階層の名称や役割について
出典:https://xtech.nikkei.com/it/pc/article/NPC/20070130/260086/

まとめ

今回はOSIの概要の説明でした。
個別の説明は、たのネットワークの話題の後に説明したいと思います。

次は、TCP/IPのお話を致します。
イーサネットも面白いのですがそちらは後日(^^♪

今回の内容で質問等があれば問合せフォームからご連絡ください。

回答は時間が掛かる場合もありますが、必ず回答いたします。
次回をお楽しみに(^^♪

オンライン相談やっています!

ホームページについてのご質問やご依頼など、お気軽にご相談ください。
オンラインで受付しています!

IT導入補助金でお得に制作

弊社ではIT導入補助金の指定事業者になっておりますので、補助金にて制作をする事が可能です。
補助金の申請は多くの時間を費やし大変な事も多いですが、弊社は極力お客様の作業を軽減することをモットーにしています。
また採択率の高さは他社に負けません(採択されるコツ熟知)
他の会社で採択できなかった方もぜひ、弊社にて再挑戦してみてください。

お問い合わせはこちら





弊社に興味をお持ちいただきありがとうございます。お問い合わせは、下記フォームよりご送信下さい。
お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。

入力内容をご確認頂き、間違いがなければ送信ボタンを押してください。

必須会社名
必須ご担当者名
必須ご担当者名(カナ)
必須メールアドレス
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


株式会社マックスストーンへのお問い合わせありがとうございます。
内容を確認後、弊社担当者よりご連絡差し上げます。

もし時間が経っても連絡が無い場合、お急ぎの対応をご希望の方は、
お手数ですが下記メールアドレスまでメッセージをお願い致します。

E-mail:desk [at] max-stone.jp

IT導入補助金で制作費を減らしましょう

補助金の申請は面倒だと考えていませんか? マックスストーンでは申請代行が可能です。申請から実績報告まで、しっかりサポートとしますので、お時間は取らせません。
高い採択率(2020年度 100%)を誇り、申請のコツを熟知。現在2021年度のIT導入補助金を受付中です!
もし採択された場合は、サイト制作の2/3が補助されます。制作をご検討の方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら