テレワークの問題解決・リモート営業ならマックスストーン

ブログ

ネットワークのお話、その4:TCP/IPの話<これって何?

マックスストーンの小畑です。
総務経理担当&テクニカルサポートをやっています。

今回からは、「TCP/IP」の話をしたいと思います。
「TCP/IP」はコンピュータネットワークを支えるための重要な要素&技術です。
TCP「Transmission Control Protocol」+IP「Internet Protocol」

前回お話ししたOSIの括りと少し範囲が異なります。
範囲は下記の図を見て下さい。
TCP/IP自体がOSI参照モデルを意識して作られていないので、OSI参照モデルに当てはめればこんな感じと言うことになります。
(デファクトスタンダードとなり勝ち残った)

OSI参照モデル TCP/IP プロトコル
処理
7層 アプリケーション層 アプリケーション層 HTTPS SMTP POP3
FTP 通信アプリケーション
6層 プレゼンテーション層
5層 セッション層
4層 トランスポート層 トランスポート層 TCP UDP OS
3層 ネットワーク層 インターネット層 IP「ICMP」
2層 データリンク層 ネットワーク
インターフェース層
「ARP」  「RARP」
Ethernet

PPP

・・・ デバイス、ドライバ他
1層 物理層

では、TCP/IPとは何かを下記で説明します。

TCP/IPとは?(少し歴史も)

パソコンと通信機器類は、それぞれハードもOSも異なります。しかしTCP/IPのルールに則って通信をするとインターネットに接続可能です。
ざっくりいえば、現在のインターネットの基礎となっているもので、その上に通信アプリケーションを作って利用することが出来ます。
プラットホームと言うことになるでしょうか。

少しだけ歴史の話です。
TCP/IPの開発は1973年に始まりました。 ARPANETで使われていたNCPに替わるプロトコルとしてです。
(ARPANET(Advanced Research Agency Network):米国国防省が策定した世界初のパケット通信のネットワーク)
最初の仕様は 1974年11月に公開されています。 

また同じ1983年9月に、TCP/IPを標準サポートした4.2BSDというUnix系のOSが公開されました。 ソースコードも含めて教育機関には比較的廉価で提供されたため、 RFCとともにTCP/IPのプログラムを作る際に大いに参照されました。 この頃はいわゆるUnix系のOSで動作するtelnet、ftp、 mailやmhといったところが主なアプリケーションで、 インターネット商用化の前でもあったことから、 TCP/IPは研究者や技術者が主な利用者でした。

TCP/IPはUNIX上での利用でされていた。
NTT的に言うと、メインフレームのDIPSでも使えるようになりました。
Dendenkosha Information Processing System <電電公社がネーミングに入っているのが凄いでしょ。

これを大きく変えたのが、1991年に公開されたWWWです。 特に、1993年に公開されたNCSA Mosaicというブラウザで、 画像を含むファイルをハイパーテキストの形で統合的に扱えるようになり、 一気にWWWはブームとなりました。

初めてMosaic(ブラウザ)でコンテンツを見たときは衝撃的でした。同じ会社の友達の部長が「こんなのが出来たよ」と見せてくれました。
⇒いままで主にテキストでしたから画像も一緒に見れるのが画期的でした。
インターネットも商用で使えるようになったのも大きいと思います。
⇒それまでは、日本でも研究者がメインのネットワークでした。(私はNTTの研究所のネットを使わせて頂いていました。)

技術の話に戻ります。
TCP/IPはインターネットを可能にする2つのネットワークプロトコル、TCP(Transmission Control Protocol)とIP(Internet Protocol)で構成されています。

TCPとは通信プロトコルのひとつで簡単に説明すると「送ったデータが相手に届いたか、その都度確認しながら通信するやり方」や
「正確な信号を送信する通信の規格を定めたもの」と言えます。
OSI参照モデルではトランスポート層にあたるプロトコルで、インターネット等で利用され、信頼性は高いが転送速度が低いという特徴があります。

IPとはIPアドレスと呼ばれる数値を付与しその数字を用いて通信先の指定及び呼び出しを行いネットワーク通信を行うことです。
IPアドレスにはご存じのようにIPv4とIPv6が存在します。IPv4が枯渇すると言うことでIPv6が出来ました。
現時点ではIPv6を意識しているシーンはまだ少ないと思います。

■バックナンバー
その1:私が電電公社に入社したころ
その2:デジタル時代のネットワークが始まったころ
その3:OSIの話<これって何?必要性は?

まとめ

今回はTCP/IPの概要の説明でした。
詳細は後々説明したいと思います。

次は、いきなりですがDNSのお話を致します。

今回の内容で質問等があれば問合せフォームからご連絡ください。

回答は時間が掛かる場合もありますが、必ず回答いたします。
次回をお楽しみに(^^♪

オンライン相談やっています!

ホームページについてのご質問やご依頼など、お気軽にご相談ください。
オンラインで受付しています!

IT導入補助金でお得に制作

弊社ではIT導入補助金の指定事業者になっておりますので、補助金にて制作をする事が可能です。
補助金の申請は多くの時間を費やし大変な事も多いですが、弊社は極力お客様の作業を軽減することをモットーにしています。
また採択率の高さは他社に負けません(採択されるコツ熟知)
他の会社で採択できなかった方もぜひ、弊社にて再挑戦してみてください。

お問い合わせはこちら





弊社に興味をお持ちいただきありがとうございます。お問い合わせは、下記フォームよりご送信下さい。
お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。

入力内容をご確認頂き、間違いがなければ送信ボタンを押してください。

必須会社名
必須ご担当者名
必須ご担当者名(カナ)
必須メールアドレス
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


株式会社マックスストーンへのお問い合わせありがとうございます。
内容を確認後、弊社担当者よりご連絡差し上げます。

もし時間が経っても連絡が無い場合、お急ぎの対応をご希望の方は、
お手数ですが下記メールアドレスまでメッセージをお願い致します。

E-mail:desk [at] max-stone.jp

IT導入補助金で制作費を減らしましょう

補助金の申請は面倒だと考えていませんか? マックスストーンでは申請代行が可能です。申請から実績報告まで、しっかりサポートとしますので、お時間は取らせません。
高い採択率(2020年度 100%)を誇り、申請のコツを熟知。制作をご検討の方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら