ホームページをリニューアルしたい、新しくホームページを立ち上げたい。そんな思いを持ちつつも、
ご予算の都合で着手ができない、そのように思っていらっしゃいませんか?
ホームページ制作に国や自治体から補助金や助成金を使用することが可能です。

補助金活用に関するよくあるご質問

補助金がある事は知っているけど手続きが面倒。忙しくて時間が取れないのですが・・・

弊社では極力お客様のお手間を軽減するために仕組みがあります。
実際に制作されたお客様からも、「手続きが思ったより楽だった」そのようなお声をいただいています。
ぜひお問合せください。

どのくらい補助されるの?

適用する補助制度により変わります。2022年度のIT導入補助金では最大約2/3補助されます。

ホームページ制作に使用できる補助金

弊社お取り扱いの補助金は下記のとおりです。

1・2・3は弊社申請代行対応
4は商工会議所サポート対応

IT導入補助金について

2022年スケジュール

今年度のIT導入補助金のスケジュールは下記の通りです。

補助額

1社最大300万未満(個人事業主も可)
制作費の2/3を補助

従来は1社50万円

補助例

制作費150万円 実質負担額  50万円+税

申請所要時間

1時間

※残り約9時間は弊社が代行(申請代行費150,000円+税)
※不採択の場合でも掛かる費用です。

採択率

弊社の申請採択率

年度弊社採択率全国平均採択率
2021年87.5約 56%前後
2020年88約 50%前後
2019年77約 20%前後
2018年100約 82%前後

対象用途

これまでにご案内した施策で補助金を申請する場合はご相談ください。補助金申請では構築内容の組み合わせがカギです。

「対面」「非対面」
ハイブリットビジネス化への対応構築

1. オンライン商談の成約率を改善したい

従来の「非対面営業」+「オンライン営業」どちらも営業できる環境が整う

2. HPを、営業ツールとして活用したい

従来看板程度の用途だったHPを、営業支援ツールにリニューアル

3. プッシュ型営業から、プル型にシフトしたい

従来のプッシュ型営業 → プル型営業に
自社HPの問い合わせを増やす。

納品後一年間の更新サポート料金も1/3にすることができます。

事業再構築補助金

6,000万

新たな事業展開を行う+その他広告宣伝費としてサイトや動画制

ものづくり補助金

1,000万

機械を導入する+その他広告宣伝費としてサイトや動画制作

小規模事業者持続化補助金
(低感染リスク型ビジネス枠)

100万

宣伝広告費としてサイトや動画制作

商工会議所が申請サポート

補助金・助成金検索サイト

企業経営や創業に役立つ補助金や助成金などの情報が探せます。

J-Net21 補助金